|the HOUSE|

建築家とつくる家づくりを通して・・・

平屋は、何坪の土地から建てれるのか??

コメントする

家づくりにも ” お土地柄 ” みたいなものがあります。

山口県あるあるのひとつは、 『 平屋希望率が高い 』 ということ。
それをかなえるだけの豊かな土地が存在するからなのでしょうね!有難い!

FullSizeRender (5)

でも、不思議なことがひとつ。

平屋希望のお客さまで、土地さがしをされている方は大体、口を揃えてこう言われます。
「 平屋建てるには、土地が80坪以上ないと無理って聞いて。」
「 だから、土地は80~100坪位で探しています 」

自然ゆたかな、人口密度の低い山口です。(笑)
大きくてリーズナブルな土地も確かにありますので、それでもいいのですが。

そんな理想の大きさの土地が見つからない、金額が合わないなど、
大きくないといけないと思っているが故に、諦められる方もチラホラ・・・。

でも本当は!
そんなに大きな土地じゃなくても、平屋は実現するんですよ!

では、どのくらいの広さの土地があったら、平屋は建てることができるのか??

土地に対して、どのくらいの大きさの家を建てることができるかは、法律で決まっています。
『 建蔽率 (けんぺいりつ)  ●● % 』
土地情報には必ず書いてある、このパーセンテージがキーワードとなります。

ざっくり言いますと、
「 家の真上から光を照らして影になる部分の面積が、土地に対する建蔽率内でないといけない 」
・・・ということです。
(本当はもっと難しいお話ですので、実際は詳しく調べてもらってくださいね。)

そこで計算してみました。

4人家族、3LDKの平屋に、ご要望を詰め込んだら、大体30坪位。

建蔽率60% の土地に、30坪の平屋を建てたいとするなら・・・

土地の面積 × 建蔽率60% ≧ 建物30坪

土地の面積 ≧ 50坪 !!!!!

もちろん!
駐車場だったり、お庭だったりも必要ですし、
同じ面積でも土地の形や接道状況により、話はそれぞれ変わってきますので、
一概には言えませんが!

でも、上手に計画していけば、必要以上の大きさや金額をかけずに
平屋も計画できるんです!!!

FullSizeRender (4)

そんな平屋の家づくりを目の当たりにされたご家族が1組・・・(^-^)

IMG_1068

長々となりましたが、そうです、ここからが本題です(笑)

土地62坪、建物30坪の平屋。

山口県の中では土地の金額が高い下松市。

その中で自分たちの理想と予算を追求してこられたお客さま。

IMG_1066

今やthe HOUSEでは 『 平屋のフカセ 』 と言われつつある、

コモドデザイン深瀬先生と意気投合され、

ご家族の想いをしっかりと詰め込んだお家がいよいよスタートします!

なにやら内装も面白くなりそうですよ~(^O^)
乞うご期待!!!

FullSizeRender (8)

the HOUSE yamaguchi gallery

山崎

広告

作成者: THE HOUSE | FUJIUCHI

「一棟を築き上げる歓び」をお客様にも感じて頂きたく、日々邁進している設計事務所です。 http://www.the-house1.com/

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中